EN



お知らせ

全学共通カリキュラム運営センターでは、学生がことばを通して世界各地の文化・社会への興味・関心を深めることを目的とし、フランス語映画上映会を開催します。

今回は、『最高の花婿』(日本語字幕付)を上映します。

<日時・場所> ※池袋・新座同時開催!

2019年11月27日(水)17:15~20:00 池袋キャンパス 10号館X105教室

                                              新座キャンパス 2号館2階N223

<映画紹介> 

『最高の花婿』(原題:Qu’est-ce qu’on a fait au Bon Dieu ?)

フィリップ・ドゥ・ショーヴロン監督、2013年、97分、日本語字幕付き

当該作品は、フランスで1,300万人の観客を動員して年間興業収入が1位となり、2015年にはリュミエール賞脚本賞を受賞した。カトリック国フランスの中部に位置するアンドル=エ=ロワール県の裕福で保守的な考え方を持つ一家に起こった、結婚をめぐるエピソードを題材として、フランスの文化的・人種的多様性を描いた作品。

申込:不要(入場無料)

対象:本学学生、教職員

主催:全学共通カリキュラム運営センター・フランス語教育研究室


 
問合せ先:
全学共通カリキュラム事務室 03-3985-2919​
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

全学共通カリキュラム運営センターでは、学生がことばを通して世界各地の文化・社会への興味・関心を深めることを目的とし、韓国留学生との交流会を開催します。

韓国の現状について韓国人留学生から話してもらい、日韓の若者で率直な認識について語り合う機会です。

6回目の開催となる今回のテーマは、「どうなってるの!?日韓関係 ほんとの韓国を知りたい」です。

日時・場所:​2019年11月22日(金)17:15~19:00 池袋キャンパス 10号館X201教室

申込:不要(入場無料)

対象:本学学生

主催:全学共通カリキュラム運営センター・朝鮮語教育研究室

 
問合せ先:
全学共通カリキュラム事務室 03-3985-2919​
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

2019年度秋学期に実施する補講になります。

キャンパス

補講実施一覧

更新日

​池袋キャンパス開講科目​

期間外補講​​

​​​​​​  11/14

​新座キャンパス開講科目​

期間外補講 ​​ ​​

​​​​​​  11/​13

​​★★ 補足 ★★​​​​​​

学校・社会教育講座、法務研究科、独立研究科、セカンドステージ大学開講科目の補講については、各事務室の掲示板をご確認ください。


 
問合せ先:
■池袋キャンパス 教務事務センター 〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1 池袋キャンパス タッカーホール1階 電話番号 : 03-3985-2220 ■新座キャンパス 教務事務センター 〒352-8558 埼玉県新座市北野1-2-26 新座キャンパス 7号館1階 電話番号 : 048-471-6942
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

詳しくは、こちらをご覧ください。

 
問合せ先:
立教大学総長室社会連携教育課 立教大学陸前高田サテライト事務局 Tel. 03-3985-4967 E-mail:rrs@rikkyo.ac.jp
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:


Volu Café in池袋】


 現場で人は育つ!…いきいきはつらつと現場の話をしてくれる学生を見ていて、つくづくそう思うことが何度もあります。11月は、2回の「ボラカフェ」が続きます。人と関わりながら、そこでどんなことを思い悩み喜びを感じたのか、じっくり話を聞いてみませんか?


ランチ持参で気軽に参加してください。お待ちしています。


 日時:20191120日(水)


 場所:池袋キャンパス5号館1階ボランティアセンター


 ゲスト:松田啓さん(文学部3年生)


     ~距離を知ることで初めて見えた心~


     豊島区の「中高生センター ジャンプ東池袋」にて活動した経験を話してくれます。中高生の居場所としての役割を持つ「ジャンプ」の魅力を聞きましょう。


 


 日時:20191127日(水)


 場所:池袋キャンパス5号館1階ボランティアセンター


 ゲスト:白石彩乃さん(文学部4年生)


『子どもの貧困』、解決のために大学生にできること

Learning for allにて、学習支援の活動を通して「子どもの貧困」の現状に向き合っている白石さんにその魅力を聞きましょう。


「ボラカフェ」は、さまざまな現場で活躍する立教生が自身の体験談を語る場です。

「ボランティアに興味はあるけど、なかなか一歩が踏み出せないなぁ。」「どんな現場があるのか知りたい。」…という学生におススメです。ぜひお気軽に参加してください。





 
問合せ先:
池袋キャンパス TEL :03-3985-4651 新座キャンパス TEL:048-471-7239 MAIL/volunteer@rikkyo.ac.jp
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

Volu Café in新座】



 今テレビや新聞で取り上げられることが多くなった「子ども食堂」ですが、その実態は多種多様です。


興味はあるけれど、いったいどんな所だろう?ボランティアは何をするの?


どんな人たちが集まってくるのだろう?…皆さんも気になることがたくさんあるかと思います。実際に関わっている立教生の話を聞いて、あなたの第一歩に繋げてみませんか?もしかしたらそこが自分の「居場所」になるかもしれません。


 


 日時:20191120日(水)12:3513:20


 場所:新座キャンパス7号館2階ボランティアセンター


 ゲスト:窪田 未知さん(コミュニティ福祉学部3年生)

     三芳おなかまこども食堂にて活動中






「ボラカフェ」は、さまざまな現場で活躍する立教生が自身の体験談を語る場です。

「ボランティアに興味はあるけど、なかなか一歩が踏み出せないなぁ。」「どんな現場があるのか知りたい。」…という学生におススメです。ぜひお気軽に参加してください。





 
問合せ先:
池袋キャンパス TEL :03-3985-4651 新座キャンパス TEL:048-471-7239 MAIL/volunteer@rikkyo.ac.jp
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

学校感染症第1種・2種に罹患した学生に対して、下記のような教務上の対応を行ないます。

1.対象となる学校感染症第1種・2種

 疾患名
第1種エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎(ポリオ)、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(SARSコロナウィルス)、中東呼吸器症候群(MERSコロナウィルス)、特定鳥インフルエンザ
第2種インフルエンザ(特定鳥インフルエンザを除く)、百日咳、麻しん、流行性耳下腺炎(おたふく)、風しん、水痘(水ぼうそう)、咽頭結膜熱(プール熱)、結核、髄膜炎菌性髄膜炎

2.授業

(1)学校感染症第1種・2種に罹患したことにより、授業を欠席した学生が、所定の申請手続きを行った場合は、欠席扱いとはしません。
(2)申請の手続きは以下のとおりです。
① 登校可能となった日を含む7日以内(締切日が窓口業務を行わない日の場合はその翌日まで)に、「学校感染症第1種、2種に罹患した学生の欠席について」(各教務担当事務局で交付)に必要事項を記入し、医療機関の発行する罹患期間の記載された「治癒証明書(本学書式)」および履修登録状況画面のコピーと共に、各教務担当事務局に提出してください。
② 申請者は、各教務担当事務局にて受付印を押印された申請書および治癒証明書(コピー)を受取り、各授業時間に授業担当者に提出してください。

3.定期試験

(1)学校感染症第1種・2種に罹患した場合は、速やかに各教務担当事務局に連絡し、指示を受けてください。
(2)学校感染症第1種・2種に罹患したことにより、追試験対象科目の試験を欠席した学生が、所定の申請手続きを行った場合は、追試験の受験を許可されます。
(3)申請の手続きは以下のとおりです。
試験実施日の翌日から1週間以内(翌週の同じ曜日まで。締切日が窓口業務を行わない場合はその翌日まで)に、「追試験受験申請書」(各教務担当事務局で交付。HPからのダウンロードはこちら )に必要事項を記入し、医療機関の発行する罹患期間と登校可能日が記載された「診断書」、または医療機関が記載した「治癒証明書(本学書式)」と共に、各教務担当事務局に提出してください。

教務担当事務局

池袋キャンパス教務事務センターTEL:03-3985-2220
独立研究科事務室TEL:03-3985-2170
法務研究科事務室TEL:03-3985-3310
学校・社会教育講座事務室TEL:03-3985-2229
新座キャンパス教務事務センターTEL:048-471-6942
 
問合せ先:
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

立教大学で日本手話を学べること、知っていますか?


立教大学では2010年度から、日本手話を全学共通科目(全カリ)言語科目として展開しています。

日本手話は日本語と異なる文法もつ「独立した言語」であり、その背景にろう者の文化があります。

一方で、多くの人々は手話を言語であると認識しておらず、ろう文化の存在を知りません。

本シンポジウムでは、言語科目としての手話教育が、ろう者そして聴者にもたらす意味を理解するとともに、

本学での日本手話授業実践報告を通して、この10年を振り返る機会といたします。

【手話通訳あり】


──────────────────────────────

2019年度立教大学 全カリシンポジウム

「言語科目としての日本手話―10年のあゆみ」

──────────────────────────────

日時 2019年12月6日(金)18:00~20:00

会場 立教大学池袋キャンパス 7号館7102教室


<内容>

基調講演 斉藤 くるみ 氏(日本社会事業大学教授)

テーマ「日本手話の言語性」

事例報告 細野 昌子 氏(本学兼任講師「日本手話1~4」担当、手話通訳士)

コメント 野崎 静枝 氏(本学兼任講師「日本手話1~4」担当)

司会 細井 尚子(異文化コミュニケーション学部教授、全学共通科目言語系科目構想・運営チームリーダー)


主催 全学共通カリキュラム運営センター


■イベントページはこちら

https://www.rikkyo.ac.jp/events/2019/12/mknpps0000010v4p.html

 
問合せ先:
全学共通カリキュラム事務室 zenkari-gengo@rikkyo.ac.jp
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

からだの声に耳を傾けてみませんか?

こころとからだのつながりを感じてみませんか?

今年も講師に龍村修氏をお招きし、毎年好評の「ヨガ」実習を池袋、新座の各キャンパスで行います。

所属キャンパスに関わらず、参加を希望する日に申し込むことができます。

受付枠にまだ余裕がありますので、ぜひお申し込みください!

日時:①2019年11月20日(水)17:30~19:30(予定)

   ②2019年12月2日(月)17:30~19:30(予定)

場所:①池袋キャンパス 14号館DB01教室、DB02教室

   ②新座キャンパス 8号館N853教室

講師:龍村修氏(龍村ヨガ研究所所長、国際総合生活ヨガ研修会主宰)

対象:本学学部学生、大学院生および教職員

申込:必要(池袋または新座キャンパスの学生相談所に来所のうえ、お申し込みください。)

申込受付開始:2019年10月22日(火)10:00~  

定員:①②とも40名(定員になり次第、締め切ります)

主催:学生相談所

 
問合せ先:
学生相談所:(池袋)03-3985-2653 (新座)048-471-7902 【開所時間】平日、休日授業日:9時~17時(土、日、祝日、授業休講日は閉所)
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

2019年11月のコーヒーアワー開催のお知らせ♬

 
立教大学ジェンダーフォーラムでは、在学生や学外の方を交え、ジェンダーや
セクシュアリティについて自由に語りあえる場を提供することを目的に、
コーヒーアワーを開催しています。

学内外問わず、お友だちとでも、おひとりでもお気軽にご参加ください。
初めての方も大歓迎です!

今月は、下記の日程でコーヒーアワーを開催します。

日時:2019年11月25日(月) 12:30~14:00
場所:立教大学ジェンダーフォーラム(池袋キャンパス6号館1階)

詳細や不明な点はジェンダーフォーラム事務局にお問い合わせください。
ジェンダーフォーラム事務局(池袋キャンパス6号館1階)
電話:03-3985-2307 E-mail:gender@rikkyo.ac.jp
http://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/gender/

 
問合せ先:
ジェンダーフォーラム事務局(池袋キャンパス6号館1階) 電話:03-3985-2307 E-mail:gender@rikkyo.ac.jp http://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/gender/
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

2019年度 秋学期1 試験方法について

<試験方法>

​​試験方法はこ​ちらをご参照ください。(別画面で開きます)

※学校・社会教育講座、法務研究科、独立研究科、セカンドステージ大学開講科目については、各事務室の掲示板をご確認ください。

<追試験について>

※追試験については各学部の履修要項を確認すること。 (参照:履修要項

追試験の受験を希望する者は、当該科目の試験実施日の翌日から1週間以内(翌週の同じ曜日まで。締切日が窓口業務を行わない日の場合はその翌日まで)に、欠席理由を証明する書類と履修登録状況画面のコピーを添付して、追試験受験申請書を提出すること。入院等により期間内に追試験受験申請書を提出できない場合には、必ず提出期間内に所属学部キャンパスの教務窓口に連絡し、指示に従うこと。特に、学校感染症(第1種および第2種)に罹患した場合は、すみやかに所属学部キャンパスの教務窓口に連絡し指示を受けること。

 

<教務窓口>

​​

教務事務センター

池袋キャンパス

TEL03-3985-2220

新座キャンパス

TEL048-471-6942






 
問合せ先:
■池袋キャンパス 教務事務センター 〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1 池袋キャンパス タッカーホール1階 電話番号 : 03-3985-2220 ■新座キャンパス 教務事務センター 〒352-8558 埼玉県新座市北野1-2-26 新座キャンパス 7号館1階 電話番号 : 048-471-6942
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

2019年度 秋学期1試験方法について

<試験方法>

2019年秋学期1期間における独立研究科開講科目の試験方法、およびレポート題目は以下の通りです。

試験方法

独立研究科開講科目の試験方法について

<窓口

独立研究科事務室

池袋キャンパス11号館4

TEL03-3985-2170

 
問合せ先:
■池袋キャンパス 教務事務センター 〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1 池袋キャンパス タッカーホール1階 電話番号 : 03-3985-2220 ■新座キャンパス 教務事務センター 〒352-8558 埼玉県新座市北野1-2-26 新座キャンパス 7号館1階 電話番号 : 048-471-6942
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

寄り添うことから見えたもの ~中高生センター 「ジャンプ東池袋」~

「児童館」といえば、小さな子どもや小学生の遊び場や居場所として認識されていることが多いと思いますが、豊島区には中高生を対象にした児童館「ジャンプ」があり、地域の中高生たちの大切な居場所となっています。思春期真っただ中の子どもたちにどのように向き合い寄り添いながら、どんな役割を担っているのでしょう。教育、子どもの居場所、思春期の心の成長等について興味のある方は、ぜひ話を聞きに来ませんか?

 

日時:20191030日(水)12:3513:15

場所:池袋キャンパス5号館1階 ボランティアセンター

ゲスト:井上 祐実さん(文学部3年)

申し込み不要、ランチ持参可

 

「ボラカフェ」は、さまざまな現場で活躍する立教生が自身の体験談を語る場です。

「ボランティアに興味はあるけど、なかなか一歩が踏み出せないなぁ。」「どんな現場があるのか知りたい。」…という学生におススメです。ぜひお気軽に参加してください。



 
問合せ先:
池袋キャンパス TEL :03-3985-4651 新座キャンパス TEL:048-471-7239 MAIL/volunteer@rikkyo.ac.jp
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

社会情報教育研究センターでは、2019年12月5日(木)に第10回CSI社会調査フォーラムを開催します。

学内外の研究者が広く参加可能なフォーラムとなっておりますので、皆様お誘いあわせの上、ご参加ください。


傾向スコア入門 理論から実践まで


【日時・場所】

2019年12月5日(木)18:00~19:30 太刀川記念館 第1・第2会議室

【講師】

小川和孝(慶應義塾大学、日本学術振興会特別研究員PD)

【定員】

30名(先着順・事前予約制ですが、当日のご参加も可能です)

【内容】

 傾向スコアとは、一般的な質問紙調査を使って因果推論を行うための手法である。一般的な質問紙調査に代表される調査観察データでは、個人がある条件に対して無作為に割り当てられていないために、因果推論は困難であるとされてきた。しかしながら、傾向スコアというある条件へ割り当てられる確率を調整することで、特定の因果効果を求めることが可能な条件が明らかにされてきた。本セミナーでは傾向スコアの概要や分析方法、用いる際の注意点などを紹介する。


★お申し込みはこちら

※学外の方は、セミナー名・氏名・ご所属・ご連絡先をお書き添えのうえ、csi-seminarinfo@rikkyo.ac.jp までお申込みください。

 
問合せ先:
社会情報教育研究センター csi-seminarinfo@rikkyo.ac.jp
 
備考:
 
関連リンク:
第10回CSI社会調査フォーラム 「傾向スコア入門 理論から実践まで」       

添付ファイル:

【秋の海外ボランティア講座】

 春学期に続き、秋学期も「海外ボランティア講座」を開催します!夏休みを逃してしまっても大丈夫!春休みも十分に時間があります。経験者の体験談や団体の方のお話しを聞くことができるので、安心して計画をしていきましょう。

 

海外ボランティア講座(秋学期編)

  日時:20191112日(火)12:35~13:15 

ゲスト:栗原 実里さん 文学部2年(一般社団法人CIEE

      ベトナムで児童福祉の活動に参加

      小幡 七菜恵さん 観光学部2年(一般社団法人CIEE

      インドネシアで、日本語クラスのサポート体験

 

  日時:20191113日(水)12:35~13:15 

  ゲスト:牧 杏香さん 文学部3年(NPO法人 NICE

      インドネシア・ネパール・タンザニアなどを回り、さまざまなことを体験

 

両日とも

  会場:池袋キャンパス 5号館1階 第1・第2会議室

     新座キャンパス 7号館2階 会議室

  申込不要、ランチ持参可

 
問合せ先:
池袋キャンパス TEL :03-3985-4651 新座キャンパス TEL:048-471-7239 MAIL/volunteer@rikkyo.ac.jp
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

Part2「日本の『地方』の魅力を感じるボランティア

地域の人と一緒に汗を流し、農山村の魅力を感じながら、交流する・・そんな形のボランティアもあります。

「若葉のふるさと協力隊」では、日本全国にフィールドがあり、45日様々な活動をするプランに多くの学生・社会人の皆さんが参加しています。今年の夏、長野県青木村に行ってきた三浦さんのお話をぜひ聞きに来ませんか?

 

日時:20191024日(水)12:3513:15

場所:新座キャンパス7号館2階 ボランティアセンター

ゲスト:三浦 大樹さん(コミュニティ福祉学部2年)

申し込み不要、ランチ持参可

 

「ボラカフェ」は、さまざまな現場で活躍する立教生が自身の体験談を語る場です。

「ボランティアに興味はあるけど、なかなか一歩が踏み出せないなぁ。」「どんな現場があるのか知りたい。」という学生におススメです。ぜひお気軽に参加してください。


 
問合せ先:
池袋キャンパス TEL :03-3985-4651 新座キャンパス TEL:048-471-7239 MAIL/volunteer@rikkyo.ac.jp
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

立教大学異文化コミュニケーション学部が「English Camp」を開催しました。

詳しくは、こちらをご覧ください。

 
問合せ先:
立教大学総長室社会連携教育課 立教大学陸前高田サテライト事務局 Tel. 03-3985-4967 E-mail:rrs@rikkyo.ac.jp
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

立教大学「陸前高田プロジェクト」は、立教大学と海外の大学の学生が合同で陸前高田市においてフィールドワーク(4泊5日)を行い、与えられた課題に取り組む課題基盤学習型(Project-based Learning)の授業です。近年は現地研修では陸前高田グローバルキャンパスを活動の拠点としています。本年度は9月5日~9月9日に実施し、13名の立教大学生に加え、海外から、2015年度から継続して共同参加しているスタンフォード大学等の学生5名、2018年度から参加している香港大学の学生2名、更に本年度から新たに加わったシンガポール国立大学の学生1名が参加し、国際色豊かなプログラムとなりました。


今年度は、「陸前高田市の隠れた魅力 ’hidden gems’ を探り、発信する」課題に取り組みました。メンバーは大学混合の5チームに分かれ、2チームはローカル(市民)目線を切り口に、2チームはビジター(訪問者)目線を切り口にhidden gemsを探すこととなりました。残る1チームはお世話になった陸前高田の方々との交流会を企画し最終日に実施しました。

これらのチームがそれぞれInstagramに投稿し、発見した魅力を発信しました。

アカウント: @rikuzentakata_treasures


現地研修では、市内視察および民泊等にて陸前高田市の被災状況や現状を肌で感じ、また、陸前高田市の多くの方から貴重なお話を聞く機会にも恵まれました。高田松原植樹地域の清掃や伝統芸能氷上太鼓等も経験し、印象に残る陸前高田市での滞在となりました。


現地研修の最終日には、モンティ・ホールにて陸前高田市の方々に活動報告内容を発表し、フィードバックもいただきました。

帰京翌日の10日(火)には、立教大学で活動報告会を行い、立教大学の在学生や教職員に、経験の共有ならびに活動報告を行いました。


参加者それぞれ、今後も何らかの形で陸前高田市と関わり続けたいと考えています。


※活動中の写真はこちらからご覧ください。

 
問合せ先:
立教大学総長室社会連携教育課 立教大学陸前高田サテライト事務局 Tel. 03-3985-4967  E-mail:rrs@rikkyo.ac.jp
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

台風19号により被災された全ての方々に、謹んでお見舞い申し上げます。

 

立教大学では被災された在学生に対して、以下の支援を行っています。
相談を希望する学生は、下記へご連絡ください。

 

 【経済的な支援について】

経済的な支援については、以下の奨学金Webサイトをご確認ください。

https://spirit.rikkyo.ac.jp/student_affairs/scholarships/SitePages/index.aspx
    SPRIT>学生部>奨学金>自然災害等により被災された方へ)

 

    問合せ先

池袋キャンパス学生部学生課奨学金窓口 5号館1階 電話:03-3985-2441

新座キャンパス学生部学生課奨学金窓口 7号館2階 電話:048-471-6924

 

 【授業への出席や成績について】

教務上の措置については以下をご確認ください。

https://spirit.rikkyo.ac.jp/academic_affairs/SitePages/index.aspx
    (
SPRIT教務部>教務からのお知らせ>台風19号で被災された学生への対応について)

 

授業に関する問合せ先

    池袋キャンパス教務事務センター 電話:03-3985-2220

           独立研究科事務室 電話:03-3985-2170

           法務研究科事務室 電話:03-3985-3310

    新座キャンパス教務事務センター 電話:048-471-6942

 

被災した地域の皆様の安全と、復旧と復興を衷心よりお祈りいたします。

 
問合せ先:
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

立教大学陸前高田サテライトが第8回「東北みらい賞」を受賞しました。

詳しくはこちらをご覧ください。


立教大学はこれからも息長い活動を続けていきます。

 
問合せ先:
立教大学総長室社会連携教育課 立教大学陸前高田サテライト事務局 Tel. 03-3985-4967  Fax. 03-3985-4657   E-mail:rrs@rikkyo.ac.jp
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

2019年10月のコーヒーアワー開催のお知らせ

 
立教大学ジェンダーフォーラムでは、在学生や学外の方を交え、ジェンダーや
セクシュアリティについて自由に語りあえる場を提供することを目的に、
コーヒーアワーを開催しています。

学内外問わず、お友だちとでも、おひとりでもお気軽にご参加ください。
初めての方も大歓迎です。

今月は、下記の日程でコーヒーアワーを開催します。

日時:2019年10月28日(月) 12:30~14:00
場所:立教大学ジェンダーフォーラム(池袋キャンパス6号館1階)

詳細や不明な点はジェンダーフォーラム事務局にお問い合わせください。
ジェンダーフォーラム事務局(池袋キャンパス6号館1階)
電話:03-3985-2307 E-mail:gender@rikkyo.ac.jp
http://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/gender/

 
問合せ先:
ジェンダーフォーラム事務局(池袋キャンパス6号館1階) 電話:03-3985-2307 E-mail:gender@rikkyo.ac.jp http://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/gender/
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

全学共通カリキュラム運営センターでは、学部生を対象に、言語B継続学習の促進を目的として、各種検定試験受料の一部を補助します。

希望者は、下記添付ファイルの募集要項をよく読んだ上で、申請を行ってください。

 

申請方法:申請期間中に、申請書類13を郵送してください。1・2は添付ファイルをダウンロードして下さい。

1.言語B検定試験受験料補助金支給願​

2.振込口座確認書

3.検定試験の合否結果、スコアの証明書(コピー)

申請期間:2020年2月10日(月)~2月21日(金)消印有効

提出先 :〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1 立教大学 全学共通カリキュラム事務室 言語B補助 係

※窓口では受付しておりません。また、申請期間を過ぎての申請は受理できません。

※フランス文学専修の1・2年次生で、11月の仏検を自己負担無しで受験している場合は、その結果を利用して申請することはできません。

 
問合せ先:
全学共通カリキュラム事務室​ 03-3985-2919
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

ジェンダーフォーラムでは、2019年度公開講演会として、上野千鶴子氏をお迎えし、以下のレクチャーを開催いたします。みなさま奮ってご参加ください。


定員に達したためお申し込みは締め切りました

当日の開場時間は17時30分を予定しております


ジェンダーフォーラム2019年度公開講演会「ミソジニーとは何か?」

◆日 時:2019年11月8日(金) 18:00~19:30(17:30開場)

◆場 所:池袋キャンパス8号館 8101教室

◆申込み:右のURLよりお申し込み下さい:http://forms.gle/Y5ADJWbXH24svaZh8

(定員:400名、申し込み締め切り:11月6日(水))

◆概 要:

近年ジェンダー学の切り口が充実・先鋭化し、我々は多様なジェンダー現象を多角的に批判する方法論を手にしてきた。にも拘らず、日常生活や家庭、さらには就職活動現場など、最も身近な場面に「変わらず残る」性役割観念を見出して動揺する学生などを目にすることはいまだ多い。このような状況を受け、フェミニズム、女性学、さらにはジェンダー研究の進展とともに歩み、常に思潮の最先端を担ってこられた上野千鶴子氏を講師として迎え、フェミニズム思想の中核にある「ミソジニー(女性嫌悪)への抵抗」とは何かを考察することが、本公開講演会の主旨である。これを通し、学生を中心とする聴衆が、ジェンダー正義の理念を学び、みずからの生を省みる手がかりを得る機会を提供したい。

◆講 師:上野千鶴子氏(東京大学名誉教授・認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)理事長)

専門は女性学、ジェンダー研究。この分野のパイオニアであり、指導的な理論家のひとり。高齢者の介護とケアも研究テーマとしている。2013年から2018年まで立教大学セカンドステージ大学で客員教授を務める。その経験の一部は『情報生産者になる』(ちくま新書、2018年)に紹介されている。1994年、『近代家族の成立と終焉』(岩波書店)でサントリー学芸賞受賞。その他著書多数。最新刊に『女ぎらい ニッポンのミソジニー』(朝日新聞出版・文庫、2018年)などがある。

◆対 象:本学学生、教職員、校友、一般

◆問合先:立教大学ジェンダーフォーラム事務局(池袋キャンパス6号館1階)

電話:03-3985-2307 E-mail:gender@rikkyo.ac.jp

http://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/gender

 
問合せ先:
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

独立行政法人日本学生支援機構(以下、機構という)より「2020年度海外留学支援制度(大学院学位取得型)」の募集要項が公開されました。本学では大学取りまとめ応募を行いますので、本学在学生・卒業生は個人での出願はできません。申請を希望する方は、必ず機構のHPに掲載している募集要項および本学の学内募集要項を確認の上、学内申請期限までに出願をしてください。




 
問合せ先:
学生部学生課
 
備考:
 
関連リンク:
機構HP「2020年度海外留学支援制度(大学院学位取得型)」       

添付ファイル:

11月17日(日)に実用フランス語技能検定試験(仏検)1次試験が実施されます。5~3級は池袋キャンパスでも受験が可能です。申込書は丸善キャンパスショップ(池袋:セントポールプラザ2階、新座:1号館)で入手できます。

なお、3級以上の受験者は、全カリで検定料補助を受けることができます(申請時期は2020年2月)。申請方法については10月上旬以降、立教大学全学共通科目(全カリ)ホームページを確認してください。

※フランス文学専修1・2年次生は、秋季の検定を全員受験することになっています。詳細は、フランス文学専修の先生の指示に従ってください。


実施日

1次試験 11月17日(日)、2次試験(準1、2、準2級のみ実施)2020年1月26日(日)


会場

最寄りの本会場 ※5~3級は池袋キャンパスでも受験できます。


検定料

5級4,000円、4級5,000円、3級6,000円、準2級8,000円、2級9,000円、準1級11,500円(ただし、併願の場合は、2つの級の検定料の合計から1,000円割引となります)。


申込方法

郵送またはインターネット

※5~3級を池袋キャンパスで受験したい場合は、丸善キャンパスショップ(池袋:セントポールプラザ2階、新座:1号館)で10月16日(水)までに手続きしてください。


締切

10月16日(水)(インターネットの場合は10月23日(水))


※試験の詳細は仏検の公式HPで確認してください。

www.apefdapf.org/


※丸善キャンパスショップ(池袋:セントポールプラザ2階、新座:1号館)の営業時間は以下のHPで確認してください。 

http://www.st-paulsplaza.com/shop/

 
問合せ先:
全学共通カリキュラム事務室
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

立教大学の社会調査データアーカイブ "RUDA"(ルーダ)に新しい調査データを公開致しました。


「産業・職業と地域生活に関する調査」(調査番号0062)


RUDAのご利用に関する詳細はこちらをご覧ください。


RUDAでは、貴重な公共財産である社会調査データを収集・整理・保管し、学術的な二次分析といった研究目的での利用、および授業での教育利用のために、広く公開していくことを目的としています。

 
問合せ先:
csi-info@rikkyo.ac.jp
 
備考:
 
関連リンク:
立教大学 社会調査データアーカイブ "RUDA"(ルーダ)       

添付ファイル:

2019年8月4日、第6回立教バレーボール教室@陸前高田を旧気仙中学校体育館をお借りして開催いたしました!


詳細はこちらをご覧ください。


今回もたくさんの地元の皆さまにご参加、ご協力いただきました。ありがとうございました。


 
問合せ先:
立教大学総長室社会連携教育課 立教大学陸前高田サテライト事務局 Tel. 03-3985-4967   E-mail:rrs@rikkyo.ac.jp
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

2019年度立教たかたコミュニティ大学第1回「LED 「ペットボタルⓇ」でイルミネーションを作ろう!」(2019年9月7日15:00-18:00)を開催しました。

https://rtgc.jp/news/5166/

 
問合せ先:
立教大学総長室社会連携教育課 立教大学陸前高田サテライト事務局 TEL 03-3985-4967 E-Mail rrs@rikkyo.ac.jp
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【お知らせ】
2019.9.11

英語eラーニングのSA募集は終了いたしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


全学共通カリキュラム英語教育研究室では、2019年度秋学期「英語eラーニング」の
授業のSA(学部2~4年次生および院生)を募集しています。
※なお、英語eラーニングSAは、英語eラーニング単位取得者に限らせていただきます

募集授業時間帯は下記のとおりで、1クラス1名ずつです。
希望者は以下の項目を e-learning2019@rikkyo.ac.jp までお知らせください。
応募時期によっては、希望する時間帯が既に埋まっている場合もありますので、
 出来るだけ早めに応募することをお勧めします。

  • 氏名(フリガナ)
  • 所属学部学科
  • 学生番号
  • 連絡先(e-mailと電話番号)
  • 希望コマ数(週15
  • 確実にご担当いただける曜日・時間とキャンパス


募集授業時間帯​​(以下2コマ)

 ■池袋キャンパス(8501-8504あるいは8303教室)

  火曜 1限、 土曜 1限

業務内容

出席確認・記録、資料配布・回収、採点表転記・点検・整理、机間巡視、等

給与(半期1コマあたり)

23,800円

交通費について

原則支給なし(ただし池袋キャンパスの学生が新座で勤務する、またはその逆の場合は半期ごとに申請して実費支給)

注意事項

SAの担当時間上限は、半期で週5コマです。学部・研究科などで担当する科目も含め、上限を超えないよう注意してください。
★SAは授業運営に必須の方です。遅刻・欠席は厳禁です。スケジュールには余裕を持って計画してください。

申込先

全学共通カリキュラム 英語教育研究室 eラーニング担当
e-learning2019@rikkyo.ac.jp

 
問合せ先:
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

全学共通カリキュラム英語教育研究室では、2019年度秋学期「英語eラーニング」の授業のSA(学部2~4年次生および院生)を募集しています。
※なお、英語eラーニングSAは、英語eラーニング単位取得者に限らせていただきます

募集授業時間帯は下記のとおりで、1クラス1名ずつです。
希望者は以下の項目を e-learning2019@rikkyo.ac.jp までお知らせください。
応募時期によっては、希望する時間帯が既に埋まっている場合もありますので、
 出来るだけ早めに応募することをお勧めします。

  • 氏名(フリガナ)
  • 所属学部学科
  • 学生番号
  • 連絡先(e-mailと電話番号)
  • 希望コマ数(週15
  • 確実にご担当いただける曜日・時間とキャンパス


募集授業時間帯​​

 ■池袋キャンパス(8501-8504あるいは8303教室)
  月曜1限 2コマ、火1限 1コマ、木曜1限 1コマ

 ■新座キャンパス(N831-835教室)
  水曜2限 1コマ、水曜3限 1コマ

業務内容

出席確認・記録、資料配布・回収、採点表転記・点検・整理、机間巡視、等

給与(半期1コマあたり)

23,800円

交通費について

原則支給なし(ただし池袋キャンパスの学生が新座で勤務する、またはその逆の場合は半期ごとに申請して実費支給)

注意事項

SAの担当時間上限は、半期で週5コマです。学部・研究科などで担当する科目も含め、上限を超えないよう注意してください。
★SAは授業運営に必須の方です。遅刻・欠席は厳禁です。スケジュールには余裕を持って計画してください。

申込先

全学共通カリキュラム 英語教育研究室 eラーニング担当
e-learning2019@rikkyo.ac.jp

 
問合せ先:
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

2019年9月のコーヒーアワー開催のお知らせ

 
立教大学ジェンダーフォーラムでは、在学生や学外の方を交え、ジェンダーや
セクシュアリティについて自由に語りあえる場を提供することを目的に、
コーヒーアワーを開催しています。

学内外問わず、お友だちとでも、おひとりでもお気軽にご参加ください。
初めての方も大歓迎です。

今月は、下記の日程でコーヒーアワーを開催します。

日時:2019年9月30日(月) 12:30~14:00
場所:立教大学ジェンダーフォーラム(池袋キャンパス6号館1階)

詳細や不明な点は当ジェンダーフォーラム事務局にお問い合わせください。
ジェンダーフォーラム事務局(池袋キャンパス6号館1階)
電話:03-3985-2307 E-mail:gender@rikkyo.ac.jp
http://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/gender/

 
問合せ先:
ジェンダーフォーラム事務局(池袋キャンパス6号館1階) 電話:03-3985-2307 E-mail:gender@rikkyo.ac.jp http://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/gender/
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

2019年度の立教たかたコミュニティ大学は、陸前高田市のまちづくりのキーワードをテーマに、全2回の講座を開催します。皆さま奮ってご参加ください。

 

日 時: 201997日(土)15:00-18:00

 

集合場所: 陸前高田グローバルキャンパス 多目的室1

 

講 師:

深作 氏(サンケン電気株式会社 管理本部 CSR 担当部長)

伊藤 眞一 氏(サンケン電気株式会社 管理本部 CSR CSR 推進課長)

コメンテーター:舛谷 鋭(観光学部交流文化学科 教授)

 

内 容:

地球環境に優しく経済的な発光装置「ペットボタルⓇ」からクリーンなエネルギーの 仕組みや「まちづくり」を学び、実際に「ペットボタルⓇ」を工作します。本講座は、陸前高田「まちづくり総合戦略」に掲げる「 SDGs 」(持続可能な開発目標)関連講座です。

 

詳細はこちらをご覧ください。


※立教たかたコミュニティ大学とは・・ 2017425日の陸前高田グローバルキャンパスの開設を記念して、立教大学陸前高田サテライトが主催する市民の皆様向けのプログラムです。

 
問合せ先:
立教大学総長室社会連携教育課 立教大学陸前高田サテライト事務局 Tel. 03-3985-4967 Fax. 03-3985-4657  E-mail:rrs@rikkyo.ac.jp
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

『立教大学ジェンダーフォーラム年報』第21号(2020年3月刊行予定)では、投稿論文を募集しております。


申し込みの締切は2019年10月31日(木)まで、投稿の締切は2019年11月30日(土)までです。

投稿規定・執筆要項および投稿申込書は、添付ファイルをご確認ください。


『立教大学ジェンダーフォーラム年報』の詳細に関しては、ジェンダーフォーラムHPの「刊行物」カテゴリ > 「立教大学ジェンダーフォーラム年報」をご覧ください。


詳細や不明な点は、ジェンダーフォーラム事務局までお問い合わせください。

みなさまのご投稿をお待ちしております。

 
問合せ先:
池袋キャンパス6号館1階 Tel: 03-3985-307 E-mail: gender@rikkyo.ac.jp
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:
海外の大学または大学院で、学位を取得することを目的として、2020年度に留学する者を対象とした奨学金制度です。
 (立教に在学した状態で、「留学」する場合は対象外です)

 詳しくは下記の募集要項を確認し、申込みを希望する場合は奨学金窓口へ申し出てください。
 
問合せ先:
学生課(池袋)03-3985-4461    (新座)048-471-7125
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

東日本大震災から8年。この夏こそ、陸前高田へ足を運んでみませんか。


2017年4月、陸前高田市協力のもと、立教大学は岩手大学と協働で陸前高田グローバルキャンパスを開設し、同時に陸前高田サテライトを設置しました。

陸前高田グローバルキャンパス(グロキャン)は、

♯ゼミ合宿やサークル合宿の拠点として

♯サークルでイベントを開催する

♯卒業論文等のフィールドワークの拠点として

♯グロキャンで開催しているイベントに参加する 

など、幅広く活用できます。グロキャンを利用している住民の方、他大学学生・教職員の方、企業・団体の方などとの偶然の出会いもあるかも…!


本学陸前高田サテライト事務局スタッフが現地までのアクセスや宿泊、現地訪問先の情報をご提供、しかも、グロキャンを利用した学生には一定の条件を満たすことで交通費・宿泊費の一部が補助されます。


♯グロキャンのレンタルスペースはこちら

♯グロキャンで開催する公開プログラムはこちら

♯陸前高田サテライト援助金制度はこちら

♯陸前高田市観光案内はこちら


復興の道を歩み続ける陸前高田は日々変化しています。さあ、今しか出会えない陸前高田へ行ってみよう!!


お問合せ:

立教大学陸前高田サテライト事務局(池袋キャンパス5号館1階 社会連携教育課内)

Tel. 03-3985-4967

E-mail:rrs@rikkyo.ac.jp


 
問合せ先:
立教大学陸前高田サテライト事務局(池袋キャンパス5号館1階 社会連携教育課内) Tel. 03-3985-4967 E-mail:rrs@rikkyo.ac.jp
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

岩手県陸前高田市内で小学生バレーボールチームを対象に立教大学バレーボール部による「バレーボール教室」を開催します。今年で6回目を迎えるバレーボール教室には、地元の県立高田高校出身者をはじめ、東北出身の選手を含む計29人(予定)のバレーボール部員が参加します。


詳しくは こちら をご覧ください。

 
問合せ先:
立教大学総長室社会連携教育課 立教大学陸前高田サテライト事務局 Tel. 03-3985-4967 E-mail:rrs@rikkyo.ac.jp
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

立教大学異文化コミュニケーション学部と、岩手県陸前高田市教育委員会は、陸前高田市内の中学1年生向けに英語体験プログラムを初めて実施します。

立教大学異文化コミュニケーション学部学生および留学生から募った約20人は、池袋キャンパスで事前研修を受け、7月28日に陸前高田市に入り、「陸前高田から学ぶプログラム」として陸前高田市の震災遺構、復興の様子を見学し学んだのち、30・31日の2日間、陸前高田市内の中学1年生向けにEnglish Campを実施します。

本English Campでは、小グループに分かれ、英語による自己紹介や地域の紹介、グループ対抗のクイズなどを行います。グループ・リーダーを立教生が担い、コミュニケーションを通して、立教生、留学生、陸前高田市の中学生が、互いの文化について理解を深めることを目的としています。

詳しくは こちら をご覧ください。

 
問合せ先:
立教大学総長室社会連携教育課 立教大学陸前高田サテライト事務局 Tel. 03-3985-4967 E-mail:rrs@rikkyo.ac.jp
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

第8回立教野球教室@陸前高田(2019年6月30日)を旧陸前高田市立米崎中学校(現・陸前高田グローバルキャンパス)体育館で開催しました。


◆立教大学野球部が陸前高田市で第8回「立教野球教室」を開催 ~地元県立高校出身者はじめ、東北出身の11選手らが参加~
https://www.rikkyo.ac.jp/news/2019/07/mknpps000000ygld.html

 
問合せ先:
立教大学総長室社会連携教育課 立教大学陸前高田サテライト事務局 Tel. 03-3985-4967 E-mail:rrs@rikkyo.ac.jp
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

2019715日発行の『ニューズ立教』 No.312を掲載しました。


今号では、夏季休業期間中の窓口時間、春学期成績発表と9月履修登録、派遣留学、資格や語学習得の有料講座、就職・キャリア支援プログラムなどの情報を紹介しています。ぜひご覧ください。

※『ニューズ立教』は本号をもって廃止となります。

 
問合せ先:
立教学院広報室 03-3985-2202
 
備考:
 
関連リンク:
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​NEWS RIKKYO 312号 (2019.07.15)       

添付ファイル:

2018年度夏季休業期間中(8月1日~9月19日)のキャリアセンターの開室は以下の通りです。

夏季休業期間中(8月1日~9月19日)の開室時間

平日   9:00~16:00
土、日、祝  閉室

大学一斉休業期間中(8月10日~8月21日)の開室日

池袋、 新座ともに全日程閉室
※なお、大学一斉休業期間(8月10日~8月21日)は教務窓口もお休みとなり、成績証明書、卒業見込証明書、健康診断証明書等の発行が出来ませんのでご注意ください。

詳細は添付ファイル先を参照してください。

 
問合せ先:
キャリアセンター
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

2019年7月のコーヒーアワー開催のお知らせ

 
立教大学ジェンダーフォーラムでは、在学生や学外の方を交え、ジェンダーや
セクシュアリティについて自由に語りあえる場を提供することを目的に、
コーヒーアワーを開催しています。

学内外問わず、お友だちとでも、おひとりでもお気軽にご参加ください。
初めての方も大歓迎です。

今月は、下記の日程でコーヒーアワーを開催します。

日時:2019年7月25日(木) 12:30~14:00
   ※いつもと曜日が異なります。ご注意ください!
場所:立教大学ジェンダーフォーラム(池袋キャンパス6号館1階)

詳細や不明な点は当ジェンダーフォーラム事務局にお問い合わせください。
ジェンダーフォーラム事務局(池袋キャンパス6号館1階)
電話:03-3985-2307 E-mail:gender@rikkyo.ac.jp
http://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/gender/

 
問合せ先:
ジェンダーフォーラム事務局(池袋キャンパス6号館1階) 電話:03-3985-2307 E-mail:gender@rikkyo.ac.jp http://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/gender/
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

立教大学の社会調査データアーカイブ "RUDA"(ルーダ)に新しい調査データを公開致しました。


「都市生活と家族に関する意識調査」(調査番号0061)


RUDAのご利用に関する詳細はこちらをご覧ください。

RUDAでは、貴重な公共財産である社会調査データを収集・整理・保管し、学術的な二次分析といった研究目的での利用、および授業での教育利用のために、広く公開していくことを目的としています。

 
問合せ先:
csi-info@rikkyo.ac.jp
 
備考:
 
関連リンク:
立教大学 社会調査データアーカイブ "RUDA"(ルーダ)       

添付ファイル:

2019年6月30日(日)、陸前高田市の中学校野球部を対象に野球教室を開催します。今年で8回目を迎える野球教室には、東京六大学野球リーグ戦で活躍したメンバーや地元の県立高田高校出身者3人をはじめ、東北出身の11人を含む計25人の野球部員が参加します。

是非応援にいらしてください!



日時 2019年6月30日(日)8:30-11:30


場所 陸前高田市立高田東中学校校庭(陸前高田市米崎町字和方130-1)


詳しくはこちらをご覧ください。



昨年度の集合写真

 
問合せ先:
立教大学総長室社会連携教育課 立教大学陸前高田サテライト事務局 Tel. 03-3985-4967 E-mail:rrs@rikkyo.ac.jp
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

2019年6月のコーヒーアワー開催のお知らせ

 
立教大学ジェンダーフォーラムでは、在学生や学外の方を交え、
ジェンダーやセクシュアリティについて自由に語りあえる場を提供することを目的に、
コーヒーアワーを開催しています。

学内外問わず、お友だちとでも、おひとりでもお気軽にご参加ください。初めての方も大歓迎です。

今月は、下記の要領で、コーヒーアワーを開催します。

日時:2019年6月24日(月) 12:30~14:00
場所:立教大学ジェンダーフォーラム(池袋キャンパス6号館1階)

詳細や不明な点は当ジェンダーフォーラム事務局にお問い合わせください。
ジェンダーフォーラム事務局(池袋キャンパス6号館1階)
電話:03-3985-2307 E-mail:gender@rikkyo.ac.jp
http://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/gender/

 
問合せ先:
ジェンダーフォーラム事務局(池袋キャンパス6号館1階) 電話:03-3985-2307 E-mail:gender@rikkyo.ac.jp http://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/gender/
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

2019年5月のコーヒーアワー開催のお知らせ

 
立教大学ジェンダーフォーラムでは、在学生や学外の方を交え、
ジェンダーやセクシュアリティについて自由に語りあえる場を提供することを目的に、
コーヒーアワーを開催しています。

学内外問わず、お友だちとでも、おひとりでもお気軽にご参加ください。初めての方も大歓迎です。

今月は、下記の要領で、コーヒーアワーを開催します。

日時:2019年5月27日(月) 12:30~14:00
場所:立教大学ジェンダーフォーラム(池袋キャンパス6号館1階)

詳細や不明な点は当ジェンダーフォーラム事務局にお問い合わせください。
ジェンダーフォーラム事務局(池袋キャンパス6号館1階)
電話:03-3985-2307 E-mail:gender@rikkyo.ac.jp
http://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/gender/

 
問合せ先:
ジェンダーフォーラム事務局(池袋キャンパス6号館1階) 電話:03-3985-2307 E-mail:gender@rikkyo.ac.jp http://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/gender/
 
備考:
 
関連リンク:
       

添付ファイル:

2019316日、17日の両日、全国の大学生、大学関係者、そして陸前高田を中心としたが市民が集い、「陸前高田グローバルキャンパス春呼び祭」を実施いたしました。この春呼び祭は、震災後8年が経過する中、市民と大学生・大学関係者の交流が深まる場とすること、そしてイベント後も継続するような関係が作られる場とすることを目指して実施されたものです。


立教大学では、落語研究会による寄席、よさこい連による演舞、校友の古舘伊知郎さんによるトークライブ、同じく校友の戸口純さんらによるクラシックとジャズのコンサートを開催、運営スタッフとして参加した学生25名を含め、43名の立教生が参加しました。


詳しくはこちらをご覧ください。