EN



Announcements

■□語りの時間~研究って面白い!~■□■


今学期も「語りの時間~研究って面白い!~」を開催します。

「語りの時間~研究って面白い!~」は、立教の研究者が、自らの研究テーマをもとに、研究の面白さや楽しさを語る企画です。


テーマ

「漁師の語りと思いの狭間

    ―三陸の突棒漁師が直面してきた困難に耳を傾けて―」


登壇者  吉田 静(立教大学 大学院社会学研究科 博士課程後期課程)
日時  2018年6月14日(木)12:30~13:00
場所  池袋図書館1階ラーニング・スクウェア
対象  学生、教職員など誰でも歓迎

予約不要です。たくさんの方のご参加をお待ちしています。

★過去のイベントの様子はこちらから

 
For inquiries:
池袋図書館カウンター
 
Note:
 
Related links:
語りの時間ウェブサイト       

Attached files:

 2018年8月5日(日)〜8日(水)の4日間、立教大学復興支援団体「Frontiers」による復興支援活動「唐桑ツアー」を実施し、同団体所属の学生13名、教職員2名の計15名が参加しました。本活動は、宮城県気仙沼市唐桑地区および岩手県陸前高田市を拠点に、地域住民との交流や復興状況の視察を通して、被災地の”いま”を身をもって体感することを目的としており、2011年から毎年、現在は年2回実施しています。

 

 1日目は気仙沼市内のリアスアーク美術館にて、震災当時の状況を写真から読み取ったのち、気仙沼みなとまつりを見学しました。

 2日目は唐桑町内において、地元のツアーガイドの方に地域の観光資源を案内していただいたほか、震災後に学生やボランティアの集う場所となった「安吾庵」にて、震災当時のお話や人生観について伺いました。

 3日目からは陸前高田市に移動して、けんか七夕まつりを見学し、ボランティアとしてゴミ拾いなどのお手伝いをさせていただきました。

 4日目は、陸前高田市内の復興状況を高台などから見学したほか、津波の直撃を受けながらも奇跡的に残った「米沢ビル」にて、震災当時のお話を伺い、改めて津波の恐ろしさを実感しました。

 すべての行程を終えたのち、「陸前高田グローバルキャンパス」にて活動の振り返りを行いました。ここでは、本活動で学んだことや感じたこと、各々が抱くこの地域への想いなどを共有し、このツアーを締めくくりました。

 

 本活動を通して、改めて震災が残した爪痕の大きさを痛感したとともに、お世話になった地元の方々とのつながりの大切さを実感しました。今回だけに限らず、今後ともこの活動を続けていくことで、この地域との関わりを大切にしていけたらと切に願っています。


詳細はこちら

 
For inquiries:
総長室社会連携教育課(陸前高田サテライト事務局) Tel. 03-3985-4967   E-mail: rrs@rikkyo.ac.jp
 
Note:
 
Related links:
       

Attached files:

 立教大学社会学部メディア社会学科の井川充雄/田北康成ゼミの34年生29名は、913日〜15日の2泊3日で陸前高田市を訪れ、陸前高田グローバルキャンパスでゼミ発表を行ったほか、同市内で震災復興に関する学修を行ないました。

 陸前高田市に到着し、グローバルキャンパスに移動してモンティ・ホールにて3年生のゼミ発表、4年生の卒業論文中間報告を行いました。2日目には、前日からの報告会に続いて、一般社団法人マルゴト陸前高田の復興最前線ツアーに参加し、“復興とは何を指すことなのかを深く考えるきっかけになりました。震災遺構では誰一人として犠牲者が出ていないことを聞き、震災を記憶として残す力強いメッセージ性とともに、復興を目指す生存の証としての希望をも強く感じ取りました。ツアーに参加した学生からは、「ガイドの方の『どこまでが復興なのかわからない』という言葉が深く印象に残った」「自分の目でみて、自然災害の恐ろしさを実感した」「現場に行くことで初めて実感できることがたくさんあった」「まだ復興途中であることを、常に行き交うダンプカーや、広い更地を見て感じた」という声が上がっていました。また、テレビという画面の枠には映されていない現実を目の当たりにし、今後の課題に真剣に向き合っていかなければいけないと再確認しました。

 震災の経験は夕食で訪れた飲食店の方々からも聞くことができました。初日には、震災で被災し、震災後は仮設で営業をしてきた陸前高田で唯一の鮨屋、「鶴亀鮨」にお邪魔しました。旬の地魚を堪能し、美味しいお寿司を頬張った後は、語り部としても活動している店主の阿部和明さんから東日本大震災の話を聞きました。震災当時の状況や、実体験を通して感じたことなど、臨場感あふれる貴重な話に皆真剣な表情で前のめりになって聞いていました。二日目の夕食で訪れた高田大隅つどいの丘商店街にある居酒屋「わいわい」を経営する太田明成さんからも、仮設での今後の営業の問題など、さまざまな話を聞きました。震災当時だけでなく、震災後に立ちはだかった大きな壁、生き抜くための壮絶な記録は、私たちの想像をはるかに超えていました。現場の様子を経験した方から直接聞けたことは、私たちにとって大きな財産になったと思います。

 この経験で学び得たことを、周りの人に共有したりすることが実際に陸前高田に訪れた意味なのではないか、という感想も挙げられ、今後の活動に活かしていきたいと考えています。

社会学部メディア社会学科3年 岡崎美玖

詳細はこちら

 
For inquiries:
総長室社会連携教育課(陸前高田サテライト事務局) Tel. 03-3985-4967   E-mail: rrs@rikkyo.ac.jp
 
Note:
 
Related links:
       

Attached files:

国際センターでは以下の通り、2019年度海外留学プログラム(ケント州立大学、セントクラウド州立大学)の説明会を開催いたします。興味のある方はぜひご参加ください。


【説明会】

日時: 2019年1月22日(火)18:30~20:00

場所: 池袋キャンパス 8号館 8202教室

    新座キャンパス 8号館 N8B1教室 *同時中継

内容: プログラム概要説明・体験談発表 など


【プログラム概要】2019年度の募集要項は12月3日(月)から配布予定です。

本プログラムは、アメリカのケント州立大学(オハイオ州)またはセントクラウド州立大学(ミネソタ州)に、半期(約5カ月)または1年(約10カ月)留学するプログラムです。本プログラムでは、各大学付属の英語教育機関(ESL/IEC)にて英語を中心とした授業、または正規課程にて専門科目の授業を受けることができます。現地大学と立教大学に学費を支払うことになりますが、成績と現地でのプレイスメントテスト次第で派遣留学と同じ授業を受けることが可能です。


【2018年度からの主な変更点】

英語教育機関(ケント州立大学:ESL、セントクラウド州立大学:IEC)への応募資格が以下の通り変わります。

<2018年度>出願時の基準なし
<2019年度>TOEIC(IP含む)400点以上、英検 2級以上、TOEFL iBT 41点以上、IELTS 5.0以上のいずれかを満たす者。

※応募を検討中の方は、上記語学試験のスコアを応募締切までに取得するよう計画してください。


 
For inquiries:
立教大学国際センター
 
Note:
 
Related links:
学費非免除留学プログラム       

Attached files:

立教たかたコミュニティ大学第2回、立教大学理学部の青木昇教授、杉山健一教授による講座「正多角形を菱形で埋め尽くす!」(2018114日(日)13:00-14:40@陸前高田グローバルキャンパス・講義室)を開催しました。

 

講座には17名程の方にご参加いただきました。講座の前半は青木先生が担当し、正多角形でも平面を埋め尽くせるものも、そうでないものもあります…といったお話しから、高校生が発見した定理、無理数をめぐるピタゴラスの悲劇(喜劇!)など、普段なかなか考えることのない数学の世界を垣間見ることが出来ました。また、実は身近なものの中に数学が隠されていることが見えてきました。

 

後半の杉山先生からは、正12角形をあるルールに従ってひし形に塗りつぶしていくという課題が出されました。参加者の方は立教大学の大学院生のサポートを受けながら熱心に塗りつぶしていきました。取材にいらしていた記者さんや本学のスタッフまで熱心に塗りつぶしていて、圧巻の光景でした。塗りつぶしたあとにはある有名なデザインが見えてきたのですが…どのようなデザインだったのかはご来場くださった皆さまにお尋ねください!!

 

帰りがけ、参加者のおひとりが、普段は使わない頭の部分を使ったとおっしゃっていましたが、その言葉通り、数学を使って、普段考えないようなことを考え、やらないようなことを実践する講座となりました。

 

なお、講師やサポートの大学院生は前日に震災遺構を視察し、地元の方のお話しを伺いながらお寺や気仙大工といった地元の文化に触れることが出来ました。お話を聴かせてくださった皆さま、ありがとうございました。


詳細はこちら

 
For inquiries:
総長室社会連携教育課(陸前高田サテライト事務局) Tel. 03-3985-4967   E-mail: rrs@rikkyo.ac.jp
 
Note:
 
Related links:
       

Attached files:
新座グローバルラウンジでは来週11月19日(月)より、皆さんの語学学習の助けとなるよう
TED Talksの映像の放映を開始します!

TED(Technology Entertainment Design)は、米国に本部があり、毎年大規模な世界的な講演会を主催している団体です。
TED talksとは、ネットを通じてその数多くの講演動画を無料配信しているプロジェクトです。
ビビットで幅広いテーマが分かり易く且つ比較的短い時間で放映れるため、外国語の習得や知識の蓄積に大変役立つものです。


------------------------------------------
<新座キャンパス TED Talks放映詳細
場所:新座グローバルラウンジ (8号館1階)

日時:授業のある毎週月、水、金曜日のお昼休み
   *他のイベントが開催されている場合はTED Talksの放映を中断します。

放映内容:
一つのプレゼンテーション映像につき、英語字幕、日本語字幕、字幕なし等で繰り返して放映します。 
多言語字幕に関してはリクエストに応じますので、新座グローバルラウンジ内設置のアンケートボックスにご意見をご投函下さい。

------------------------------------------



 
For inquiries:
glstaff@rikkyo.ac.jp (グローバルラウンジ学生スタッフ)
 
Note:
 
Related links:
       

Attached files:

11月22日(木)に2018年度全カリシンポジウムを下記の通り開催いたします。

1997年に全学の教養教育を担うカリキュラムとして「全学共通カリキュラム(全カリ)」がスタートしてから20年が経過し、
「全カリ」を取り巻く環境も変化してきました。

本シンポジウムでは、立教大学における「全カリ」について、
20184月に第21代総長に就任した郭洋春総長、そして新旧の全カリ部長を交え、
その役割や意義について改めて考える機会といたします。

ぜひご参加ください。

───────────────────────────────────────
2018年度立教大学 全カリシンポジウム
『「全カリ」の意義と役割を改めて考える』
───────────────────────────────────────

【日時】      2018年11月22日(木) 18:30~20:00
【会場】       立教大学池袋キャンパス  7号館7102教室
http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/qo9edr00000001gl-att/img-campusmap_ike.pdf

【登壇者】  郭 洋春(総長/経済学部教授)
                    佐々木 一也(前全学共通カリキュラム運営センター部長/文学部教授)
                    水上 徹男(全学共通カリキュラム運営センター部長/社会学部教授)
【主催】     全学共通カリキュラム運営センター

■イベントページはこちら
 
For inquiries:
全学共通カリキュラム事務室
 
Note:
 
Related links:
       

Attached files:

2年次生~4年次生を対象に、128日(土)に英語力伸長度測定テスト(TOEIC L&R IP)を実施します。
受験を希望される方は、1119日(月)までに申込専用サイトから申込手続きを行ってください。


●申込専用サイト https://score.rikkyo.ac.jp/
※締切日は回線が大変混みあいます。お早めに申込みください。


の現在の英語力とこれまでの学習成果を握するためのテストです。
また、
7割の業が採用TOEIC®スコアを参考にしています。
ぜひ
積極的に受験をしてください。


詳細は、10月下旬に自宅宛に送付されている受験票を確認してください。


■ テスト実施日 :2018128日(土)
■ 試験時間:13151555
■ 受験料:無料、要申込
■ 試験会場:1130日(金)13時に全学共通科目掲示板およびホームページで発表する。 
■ 持参物:学生証、受験票、鉛筆またはシャープペンシル、消しゴム

<注意事項>
・原則として所属するキャンパスでの受験となります。
刻者の入室は許可しません。
・未受験者に対する試験代替日はありません。
・当日受験忘れや受験番号を受験に転記していない場合は、
 受験ができ
ませんので、ご注意ください


本件に関する連絡先:
教務部全学共通カリキュラム事務室:0339852910
(原則として平日9時~17時)

 
For inquiries:
全カリ事務室
 
Note:
 
Related links:
       

Attached files:

今年も12月15日(土)に「大柴杯スピーチコンテスト」が開催されます。

ぜひクラスメートや友人の応援に来てください。
皆さんの英語の勉強にもなります。 
当日はTULLY
Sコーヒーとクッキーも用意
してあります!


日時:20181215日 14:00‐16:00


場所:立教大学池袋キャンパス 5号館 5121教室


今年のテーマ:"Realizing Our Place in the World


主催:英語教育研究室

予約不要、参加自由

問い合わせ:oshibacup@rikkyo.ac.jp

 
For inquiries:
全カリ事務室
 
Note:
 
Related links:
       

Attached files:

全学共通カリキュラム運営センターでは、学生がことばを通して世界各地の文化・社会への興味・関心を深めることを目的とし、韓国留学生との交流会を開催します。

韓国の現状について韓国人留学生から話してもらい、日韓の若者で率直な認識について語り合う機会です。

5回目の開催となる今回のテーマは、「日本と韓国、そこにある社会格差」です。

日時・場所:​2018年11月27日(火)17:00~19:00 池袋キャンパス 10号館X207教室

申込:不要(入場無料)

対象:本学学生

主催:全学共通カリキュラム運営センター・朝鮮語教育研究室

 
For inquiries:
全学共通カリキュラム事務室 03-3985-2919​
 
Note:
 
Related links:
       

Attached files:

全学共通カリキュラム運営センターでは、学生がことばを通して世界各地の文化・社会への興味・関心を深めることを目的とし、フランス語映画上映会を開催します。

今回は、『ル・アーブルの靴みがき』(日本語字幕付)を上映します。

<日時・場所>
2018年12月5日(水)17:00~19:30 池袋キャンパス 5号館5301教室

<映画紹介> 

『ル・アーブルの靴みがき』(原題:Le Havre

アキ・カウリスマキ(Aki Kaurismäki監督2011年、93分、日本語字幕付き

当該作品は、64回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門でプレミア上映され、FIPRESCI国際映画批評家連盟)賞を獲得した母親のいるロンドンに行こうしてフランスの港町ル・アーブルにたどり着いたガボン出身の密入国の少年と、その少年と出会い、その少年を警察から守ろうとする、普段はベトナム移民と一緒に靴磨きをして生計を立てているフランス人の初老の男性との人間関係を心情的に描いている。

​申込:不要(入場無料)

対象:本学学生、教職員

主催:全学共通カリキュラム運営センター・フランス語教育研究室

 
For inquiries:
全学共通カリキュラム事務室 03-3985-2919​
 
Note:
 
Related links:
       

Attached files:

11/17(土)は秋期入試の為、池袋キャリアセンターのみ閉室となります。

キャリア相談、卒業生名簿検索PCの利用、図書の貸出・返却も出来ませんのでご注意ください。


※新座キャリアセンターは通常通り開室します。


 
For inquiries:
キャリアセンター
 
Note:
 
Related links:
       

Attached files:

We're holding "Rikkyo Promotional Video Contest" to introduce the

appeals of Rikkyo

to people who're going to study abroad.


We're waiting for a video filled with lots of attractive aspects of

Rikkyo University.

Please make it from the perspective of Rikkyo students!


The application deadline:

   November 13th, 2018


For an application, visit

  https://sites.google.com/rikkyo.ac.jp/r-program2018


Entries received the grand prize or other special prizes will be published

to the university official SNS as "Rikkyo University Promotion Video"

 (It may be used for promotion of entrance exams for foreign students)

The video that won the grand prize will be delivered by the e-mail magazine

 for graduates (about 17,000 deliveries).


Organizer:

  Video Contest Management Team

Inquiry:

   r-program2018@ml.rikkyo.ac.jp


 
For inquiries:
Video Contest Management Team r-program2018@ml.rikkyo.ac.jp
 
Note:
 
Related links:
Appeal to the world! Rikkyo Promotional Video Contest       

Attached files:
国際センターでは11月28日(水)休講日に「 富士山バスツアー ~富士山をもっと知るための旅~」を実施します。
’富士山’をテーマに留学生と交流を深めませんか?

………………………………………………………………………………

日時:11月28日(水・休講日)9:00am~7:30pm前後(池袋到着)
池袋に集合し、大型バスに乗って山梨県まで行きます。

対象 : 立教大学外国人留学生・日本人学生

ツアー内容 :
・河口湖パノラマローウエイ(雄大な富士が眺められます)
・河口湖畔で昼食(特産品の“ほうとう”を食べます)
・忍野八海(7~8個の池を散策して回ります)
・しのびの里(忍者のテーマパークで忍者ショーなどを観賞します)

参加費:2,200円
       *参加費は事前にお支払いいただきます。当日欠席しても返金はできません。

募集人数:留学生30名、国内学生12名

申し込み:下のURL或いはQRコードで申し込み下さい。
     
https://goo.gl/forms/DT9gjvIdD7Ve03jw2

申し込み者が定員を超えた場合は抽選で参加者を決定します。
  申し込み締め切り:11月14日(水)17:00pm

参加が決定した学生には11月16日(金)までにメールをお送りします。
………………………………………………………………………………





 
For inquiries:
国際センター(global-lounge@rikkyo.ac.jp)
 
Note:
 
Related links:
       

Attached files:

海外にいる日本への留学を考えている人に「立教大学の魅力」を伝えるべく、立教大学のPR動画コンテストを開催いたします!

立教生の目線で捉えた「リアルな立教大学の魅力」を世界に発信してみませんか?

ぜひみなさんのご参加をお待ちしております!


■応募期日
2018年11月13日(火)17:00

■応募要件・申込方法
以下のURLよりご確認ください。

■大賞およびその他特別賞の取り扱い
・大賞およびその他特別賞を受賞した作品は「立教大学PR動画」として大学公式SNSに公開します。(留学生向け入試広報に使用する場合もあります)
・卒業生向けメールマガジン(約17,000件配信)にて大賞作品を配信します。
・立教グッズをお渡しします。

■主催
立教大学職員有志(動画コンテスト運営チーム)    
 
For inquiries:
動画コンテスト運営チーム r-program2018@ml.rikkyo.ac.jp
 
Note:
 
Related links:
       

Attached files:

就職活動での企業研究・業界研究に役立つデータベースの使い方を紹介します。

好評につき、以下の2つのプログラム(池袋)について、定員を30名から40に拡大します

みなさんのご参加をお待ちしています。

(A)就活を勝ち抜くための『四季報・業界地図』活用法

東洋経済新報社の社員が四季報や業界地図の読解ポイントを紹介します。

データベースの検索実習を行いながら、志望企業を探ってみましょう。

 

○1119日(月)16:4018:10 池袋図書館2F講習会室2

(B)有価証券報告書から企業の真の顔を読み解く

企業ホームページや採用サイトには載っていない情報が満載の有価証券報告書。専門講師が読み方と注目ポイントを紹介します。有価証券報告書から企業の今と将来が見えてきます。

 

○1122日(木)16:4018:10 池袋図書館2F講習会室2

 

参加申し込み

プログラムA「就活を勝ち抜くための『四季報・業界地図』活用法」

プログラムB「有価証券報告書から企業の真の顔を読み解く」

池袋図書館1階カウンターでも申し込みを受け付けています。


 
For inquiries:
池袋図書館1階カウンター
 
Note:
 
Related links:
図書館で就活!ウェブサイト       

Attached files:

「ボラカフェ」は実際にボランティアに行った経験のある学生とこれから一歩を踏み出そうとする学生との交流の場です。

今回のテーマは「人生が変わる!?絶対に行きたくなる農業体験!」です。
今年9月に山形県高畠町での農業体験プログラムに参加した3名がその魅力について語ります。


「農業体験行って人生変わった!」

そんなことあるわけない…そう思った方は是非ボランティアセンターにお越しください。

ただ農業をするだけじゃない、高畠に行ったからこそわかるたくさんの魅力をお話ししてもらいます。
一度きりしかない大学生活、新たな世界に一歩踏み出してみませんか?
少しでも興味を持った方、是非足をお運びください。


【日時】 2018年11月27日(火) 12:20~13:10

【場所】  池袋ボランティアセンター  池袋キャンパス5号館1階

【ゲスト】社会学部1年 上出 美優さん
     社会学科1年 住倉 華奈子さん
     文学部 2年 青山 佳乃子さん    


【申込】 不要
ランチを持参して参加できます。興味のある方はだれでも参加できますし、友達を同伴しての参加も大歓迎です。